仕事に関する基礎知識が詰まっています。

180x120のイメージ

今流行の過払い金について

最近、テレビで放映(CM)されている「過払い金」。
いったい、どのようなお金のことなのでしょうか。
過払い金は、グレーゾーン金利とも呼ばれています。
私たちはキャッシングローンを利用した場合、当然のことながら貸金業者に利息(金利)を支払わなければなりません。
そして日本では貸金業者の暴利を防ぐため、利息制限法が定められています。
通常の場合は最高で18%の利息を上限としています。
もし貸金業者が利息制限法を無視して暴利を得ていた場合、利用者はその利息分を返還してもらう権利があります。
それを「過払い金」というのです。
事実、多くの人たちが払い過ぎた利息分を返還してもらうため、「過払い金返還請求手続き」訴訟を起こしています。

 






営業職の転職

転職者に求められているのはやはりなんと言っても「経験」です。
同業種での経験がある人には、知識も備わっており雇用側からしても即戦力が期待でき、非常に大きなメリットがあると言えます。
また、技術職ならなおさら経験は大切ですが、転職の際に全く他業種でもある程度通用するのが「営業職」です。
営業職の経験はその商品に対する知識よりもまずは、交渉力やコミュニケーション能力などが問われます。
商品知識などは後でいくらでも頭に詰め込めるものです。
なので、営業職で転職を考えている人は、同業種に拘る必要はあまりないと言えるでしょう。
専門性がないのではなく、営業は幅広い場所でその経験を活かすことが可能な仕事だと言えます。
このような事から、営業職は幅広い転職活動が可能なのです。

 






個性的で自分だけのはんこ

はんこは色々な場面で使われますが、銀行であったり、役所関係の書類にも必要と何個も持っている人は大勢いると思います。
何個も持っているとどれがどれに使うものかが分からなくなってしまう事も。
みんな苗字が彫ってあるので見分けがつきにくいのです。

しかし最近では絵柄を上手く加えたはんこが人気になっています。
もちろんこういったはんこでも役所に届けて印鑑証明を受ければ実印として登録する事もできます。
バライティに富んだ実印を作るにはこちらが便利です。
実印 作成のサイトをチェック

 






仕事の幅が広い資格薬剤師

病気で病院にかかると、先生はお薬を処方して、処方箋を発行してくれます。
この処方箋を調剤薬局にもっていくと、薬剤師さんがお薬を調剤して渡してくれます。
もっとも身近な薬剤師の仕事内容はこの、薬局での調剤だと思います。
現在では複数の薬品を混ぜ合わせてお薬を調剤することは少なくなりましたが、今まで飲んでいる薬と今回出された薬の飲み合わせが問題ないか調べてくれたり、わかりにくい薬の飲み方、使い方を説明したりしてくれます。
病院勤務の場合、実際に薬品を混ぜ合わせたり、抗がん剤を注射に詰めたりする仕事があります。
また入院患者さんのお薬の過不足をチェックしたりするのも仕事の一つです。
法律によって、薬品の製造販売を行う会社には必ず薬剤師が在籍していないといけないことになっています。
これは医師などの他の職種では代わりができません。
また、新薬の開発にかかわることも仕事内容のうちです。
こういった職種は薬剤師の転職サイトに沢山見受けられます。

これから、どんどんこの種の仕事が増えていて、必要とされる場面が多くなっていくでしょう。